“にじいろ”とは

絵本の読み聞かせには様々な効果が期待できます。文字をひとつの言葉として認識して読む力が向上、読解力も高まります。また文字が読める、文章が理解できるということが早い段階で出来ると本を読むことが好きになりやすく、大人になっても本を読むことが苦にならなくなります。また、親の愛情をストレートに伝えることができる大切なコミュニケーション方法と言えます。

絵本の読み聞かせ

“にじいろ”について

「絵本は親子の心を繋ぐツールです」

 

「絵本は生まれて最初で最高の情操教育」

 

絵本に対するわたくしたちの想いになります。

 

『育児支援』を基本コンセプトとするわたくしたちの活動において、絵本には大きな可能性を感じております。将来の人格形成に重要な時期に親の子供への絵本の読み聞かせは、感性を養い、親の愛情・温かみを伝えるとても人間らしい行為であり、健全な心の成長を促す行為と考えております。これは現在のデジタル媒体では補うことができないものとも考えております。

 

 また、絵本をきっかけに文字を興味を持ち、読書へ繋がる動線になりえると考えます。

そして、“無料の絵本 にじいろ”は、絵本であるとともに子供の好奇心をくすぐる様々なお絵かきお遊びツールとしての側面を持ち、子供が楽しみながら描いてもらいたいという想いも込めております。描くことは書くことであり、幼児学習へと繋がると考えます。

 

 “無料の絵本 にじいろ”という媒体を充実させ、子供の健全な成長の手助けを行うことにより、お父さん・お母さんを支援して行きたいと思っております。

 

 絵本の内容に関してですが、オリジナルストーリーはもちろん新潟県内各地域の方々にご協力を頂き、地域伝来の昔話を題材とし、今の子供たちに発信したいと考えております。【にいがたの昔話というコーナーで紹介】

文化のひとつである神話・伝承物語を絵本として後世に伝えたいと思っております。

昔話を通して地元への愛着を養い、地元への定着へ繋がる事を理想としています。

 

 併せて“無料の絵本 にじいろ”はこれから絵本・イラストを志す方を応援しています。

“無料の絵本 にじいろ”を構成する作家さんには絵本作家やイラストレーターの卵の方を起用させて頂いております。

 その方々が“無料の絵本 にじいろ”をステップに大成されるよう作品の依頼だけではなく、様々な指導も行わせて頂きたいと思っております。

 そんな“無料の絵本 にじいろ”は、子供さんだけでもなく、親御さんだけでもない、子供は未来の希望だとお考えになられる方すべての皆さんのご協力のもとで成り立つものです。

親子に寄り添う『無料の絵本 にじいろ』をどうかよろしくお願い致します。

☆子どもの基礎学習のきっかけ

文部科学省の発信する資料にも絵本は、こころとことばを育てるものと

位置付けております。(文部科学省管理サイト:子ども読書の情報館より)

 絵本をきっかけに言葉に興味を持ち、言葉を覚えます。言葉を覚え始めると楽しくなって、将来の読書の習慣に繋がります。

 読書が基礎学習に影響を与えることはいうまでもありません。

また、書くことは読むことと同じくらい大切でより読みの効果を高めます。

にじいろが将来の勉強・学習力のきっかけになるといえませんでしょうか。

☆育児関連情報の発信

にじいろでは子育てに関する情報を随時、掲載していきます。

インターネットの普及により、誰もが必要な情報をいつでも享受できますが、それはあくまでも能動的に取得しようとするご家庭のみです。

受身のご家庭にまで届きにくいということは否めません。

 にじいろは幼稚園・保育園から園児経由で直接、ご家庭に届けられます。

必要な情報を必要と思われるご家庭に直接、届けれますので、

伝えたい情報を伝えたいファミリーへ伝えることができます。

☆ママの再就職支援

にじいろでは子育て支援のひとつとして、ママの再就職支援活動を行います。

誌面上で、子育てママ向けの求人情報を掲載します。

 ママとしては にじいろに掲載されている求人は育児に理解ある職場であると

認識できますし、求人企業としては、潜在的な就業ニーズのあるママ層へアプローチすることができると言えます。

 子育てママと社会をにじいろが繋げられるように活動します。